試合結果
過去のニュース速報を見る
| 次へ>> |
第258回 日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000001]
Date:2017 /09 /24 ( Sun )
昨日行われました第258回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせ致します。
 種目    組   氏名   学年  タイム 
 女子800m  2組  長野 優華  2年   2’30”67(自己ベスト) 
 女子5000m  1組  久保田 かえで        1年   16’40”82 
 男子10000m        10組   高嶌 凌也  1年  30’13”96 (自己ベスト)
 添田 知宏  2年   30’19”07
 13組      芹澤 昭紀  3年   29’44”75(セカンドベスト)  
 臼井 健太  1年  29’57”17(自己ベスト)
 小中 駿祐  3年  30’16”16 
 中山 貴裕  3年  30’18”42(自己ベスト)
 稲毛 暉斗  2年   30’27”86 

以上の結果となります。
夏合宿明け初のトラックレースとなりました。出場した選手の半分以上が自己ベストを更新し、秋シーズン最初のレースとしては良いスタートが切れました。ですが、このレースに納得いく選手はいなく自分自身と向き合う良いきかっけとなりました。
3週間後には第94回箱根駅伝予選会を控えています。
チームの目標、個人の目標を達成するべく選手、スタッフ全員が一つになり練習、生活面で隙のないように一日一日を大切に過ごしていきます。
これからもご声援よろしくお願い致します。
第2回黒姫・妙高山麓大学駅伝 結果のお知らせ
[000002]
Date:2017 /08 /28 ( Mon )
8月27日に行われました第2回黒姫・妙高山麓大学駅伝の結果をお知らせ致します。
 区間  氏名   学年   記録 
 1区(8.8km)  田代 恭一     4年  29’42”(区間9位)
 2区(5.1km)  小賀 悠人  2年  16’25”(区間8位)
 3区(7.8km)  稲毛 暉斗  2年  23’14”(区間5位)
 4区(7.0km)  中山 貴裕  3年  21’31”(区間11位)

総合記録1時間30分52秒で昨年の記録を上回る記録とはなりましたが総合9位という結果になりました。
この結果をしっかり受け止め、今後の合宿・練習に励んでいきます。
今後ともご声援よろしくお願い致します。

ホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会 結果のお知らせ
[000003]
Date:2017 /07 /14 ( Fri )
昨日行われましたホクレン・ディスタンスチャレンジ網走大会の結果をお知らせ致します。

 種目   組        氏名   学年     タイム             
 5000m      F組  土方 英和          2年   14’54”89     
 E組  熊耳 智貴  4年   14’37”70 
 青木 祐人  2年   14’43”21 
 D組  江島 峻太   3年   14’34”61 
 C組
 向 晃平  4年   14’15”46 

以上の結果となります。
強い日差しと気温が36℃を記録する猛暑の中のレースとなりました。
その為、記録は奮いませんでしたが、その中でも選手たちの粘り強い走りで、2年の土方が組トップを勝ち取りました。その後に走った向、江島、熊耳、青木も上位でフィニッシュすることができ、タイム以上に実業団の選手などと戦えたことは自信となりました。
今回が上半期最後のレースとなりました。ここからチームは夏の鍛錬期に向かっていきます。個人の成長がチームの成長に繋がるということをチーム内で共有し、全員が同じ目標に向かって夏の鍛錬期に臨んでいきます。
これからもご声援よろしくお願い致します。
ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会 結果のお知らせ
[000004]
Date:2017 /07 /07 ( Fri )
昨日行われました、ホクレン・ディスタンスチャレンジ深川大会の結果をお知らせ致します。

 種目  組  氏名  学年   タイム
 10000m     D組     河野 敢太   4年  30’06”37  
 田代 恭一  4年  30’14”24
 國澤 優志  4年  30’57”45
 臼井 健太  1年  31’29”06

以上の結果となります。

気温26.5℃に加え日差しの強い、厳しいコンディションの中でのレースでした。
その為、D組は全体を通して記録には恵まれませんでしたが、その中でも4年の河野が組トップを勝ち取り、続く4年の田代も2位でゴールするなど最上級生として気持ちのあるレースを見せてくれました。
このワンツーフィニッシュは今回出走しなかった選手にも良い刺激を与え、チーム、個人としてもタイム以上に内容のある結果となりました。
この結果をチーム内でしっかり共有し、今後の練習に臨んでいきたいと思います。

今後ともご声援よろしくお願い致します。
第3回世田谷陸上競技会 結果のお知らせ
[000005]
Date:2017 /07 /02 ( Sun )
昨日行われました第3回世田谷陸上競技会の結果をお知らせ致します。

 種目  組   氏名   学年   タイム 
 女子3000m  4組  久保田 かえで       1年   9’50”82 
 男子5000m          11組    小賀 悠人  2年  14’48”78       
 濱田 康弘  2年  14’50”90
 多田 陽紀  2年  15’30”99
 12組   鈴木 智裕  3年  14’39”91(自己ベスト)
 川崎 黎哉  3年  15’11”58
 13組    小杉 恒太  2年  14’35”63(セカンドベスト)
 田中 義己  2年  14’54”36
 柳田 大輔  1年  14’58”51
 14組      稲毛 暉斗  2年   14’26”70(自己ベスト)
 中山 貴裕  3年  14’28”03(自己ベスト)
 長谷 勇汰  3年  14’36”73
 小中 駿祐  3年  14’49”97
 磯邉 翔太  4年  14’54”13
 15組       臼井 健太  1年  14’20”20(自己ベスト)
 田川 良昌  1年  14’29”65(自己ベスト)
 田代 恭一  4年  14’30”95(自己ベスト)
 國澤 優志  4年  14’41”89
 木下 巧  1年  14’47”65
 花沢 拓己  4年  14’50”17
 16組    熊耳 智貴
 4年  14’16”49(自己ベスト)
 松永 拓馬  4年  14’30”29(セカンドベスト)
 内田 健太  4年  15’00”64

以上の結果となります。

全日本大学駅伝予選会が終わり、チームとして初めての記録会となりました。
各選手が全日本大学駅伝予選会から得た刺激や悔しさをこの記録会にぶつけ、多くの選手が自己新やそれに近いタイムで走りきることができました。その反面、他大学の選手と勝負しきれなかったことや、苦しい局面での粘りなど、個々の課題も見つけることができました。
今後の夏の鍛錬期を控えるうえで各選手が収穫のある記録会となりました。
今回得たものを夏の鍛錬期、自分自身で向き合い、個人としても、チームとしても、タイムだけでなく、本当の強さを求めていきます。

今後ともご声援よろしくお願い致します。

3年連続全日本大学駅伝出場決定!!歴代最高順位・最高記録!
[000006]
Date:2017 /06 /19 ( Mon )
昨日行われました全日本大学駅伝関東地区予選会の結果をお知らせ致します。

総合結果
 順位   大学名   記録  
 1  神奈川大学  3時間56分16秒62       
 2  東海大学  3時間56分57秒31
 3  國學院大學  3時間57分43秒15
 4  大東文化大学  3時間57分49秒49
 5  法政大学  3時間58分10秒42
 6  帝京大学  3時間58分34秒22
 7  明治大学  3時間58分40秒53
 8  順天堂大学  3時間58分40秒74
 9  城西大学  3時間59分05秒34
             以上 上位9校本選出場権獲得
 10  日本体育大学  3時間59分17秒69
 11  創価大学  3時間59分18秒38
 12  中央大学  4時間00分13秒01
 13  国士館大学  4時間00分25秒06
 14  東京国際大学      4時間00分37秒56
 15  拓殖大学  4時間00分55秒06
 16  日本大学
 4時間00分56秒50
 17  専修大学  4時間01分32秒92
 18  筑波大学  4時間02分10秒48
 19  上武大学  4時間05分08秒50
 20  亜細亜大学  4時間07分58秒23

上記の通り、結果は総合3位となり、3年連続全日本大学駅伝への出場権を獲得することができました!!雨の降る中、現地まで応援に駆けつけて下さいました皆様にはこの場をお借りして御礼申し上げます。

雨が降る中、1組から4組までの各選手がチームの代表として最後まで諦めない気持ちある走りを見せてくれました。中でも3組目、4組目を走った4年の熊耳と向は最上級生としての意地とプライドで、勝負レースでありながらも、自己ベストを更新しました。
今回の結果は、上期のチーム目標であった全日本予選6位以内突破を達成するだけでなく、本学初の3年連続本選出場権獲得、本学歴代最高記録、本学歴代最高順位での突破となりました!
この結果はチーム、個人の自信となりましたが、各選手が気を抜くことなく、更なる強さの証明をするべく夏の鍛錬期、10月の箱根予選会、11月の全日本大学駅伝にチーム一丸となって向かっていきます。

当日は、雨の降る中、現地まで応援に駆けつけて下さり、本当にありがとうございました。今後とも変わらぬご声援、ご支援共によろしくお願い致します。

第2回世田谷陸上競技会 結果のお知らせ
[000007]
Date:2017 /06 /11 ( Sun )
6月10日に行われました第2回世田谷陸上競技会の結果をお知らせします。

 種目   組   氏名   学年   タイム 
 5000m           13組        臼井 健太  1年  14’33”89(自己ベスト)
 田代 恭一  4年  14’35”36
 田川 良昌  1年  14’41”05
 長谷 勇汰  3年  14’46”43
 稲毛 暉斗  2年  14’48”06
 田中 義己  2年  14’59”19
 花沢 拓己  4年  15’01”86
 14組    添田 知宏  2年  14’25”57(セカンドベスト)
 中山 貴裕  3年  14’42”61
 茂原 大悟     2年  15’13”73

以上の結果となります。

日中の暑さが残り、時折強い風が吹くコンディションとなりました。その中で1年の臼井が大学初レースで自己ベストを更新し、組2着で走ることができました。また、次の組で走った添田も惜しくもセカンドベストとはなりましたが、日本人トップの組2着でゴールし、中盤集団を引っ張る中身のあるレースを見せてくれました。また、その他の選手も自己ベストに近い走りをするなどチームを全日本大学駅伝予選会に向けて、勢いづける後押しになりました。

1週間後には上半期最大の目標である全日本大学駅伝予選会を控えております。残された時間は多くないですが、1日1日を大切にし、部員・マネージャー・スタッフ、全員が今できることに精一杯取り組み全力を尽くします。必ず3年連続本選出場します。

今後とも國學院大學陸上競技部の応援をよろしくお願い致します。

第257回日本体育大学長距離競技会 結果のお知らせ
[000008]
Date:2017 /06 /05 ( Mon )
6月3日(土)、4日(日)に行われました第257回日本体育大学長距離競技会の結果をお知らせします。

3日(土)
 種目   氏名   学年   タイム 
 10000m     芹澤 昭紀       3年  30’06”17                      

4日(日)
種目   氏名   学年   タイム 
 5000m       茂原 大悟       2年  14’30”44(自己ベスト)     

以上の結果となります。

5000mでは約半年ぶりのレースとなった2年の茂原がラストの100mまで先頭争いをし、大学に入学してから破れていなかった高校時の自己ベストを更新することが出来ました。
10000mでは3年の芹澤が序盤、積極的に先頭集団でレースを進めましたが、後半の粘りといった課題が残るレースでした。このレースをキッカケに課題を克服し、次の成長に繋げていきます。
また、同日に全日本大学駅伝予選会のメンバーエントリーが行われました。
今回の結果をチームの勢いに変え、約2週間後の全日本予選ではチーム一丸となって戦います。

今後ともご声援よろしくお願い致します。


関東インカレ最終日 結果のお知らせ
[000009]
Date:2017 /05 /29 ( Mon )
28日(日)に行われました関東インカレ最終日の結果をお知らせ致します。
長距離種目
 種目   氏名  学年    タイム 
 男子2部 ハーフマラソン     國澤 優志  4年  1:06’44”(12位)           
 内田 健太  4年  1:07’10”(17位)
 長谷 勇汰  3年  1:07’42”(22位)
 男子2部 5000m決勝    浦野 雄平  2年  14’12”37 (9位)
 江島 峻太  3年  14’23”20 (13位)
 青木 祐人  2年  14’35”74 (21位)
 女子1部 5000m決勝  久保田 かえで        1年  17’10”62 (28位)

以上の結果となります。
関東インカレ最終日は長距離種目のみの出場となりました。
男子2部5000m決勝では、2年浦野がハイペースでレースが進む中、外国人選手3人に果敢に挑戦し、ラスト1周の鐘がなるまで日本人トップの走りを見せてくれました。また、同レースを走った江島、青木も前半から積極的に勝負し、次に繋がる中身のあるレースでした。
暑さがある中で行われたハーフマラソンは目標としていた入賞には届きませんでしたが、選手個々が積極的な姿勢や、後半の粘りなど、それぞれの課題を見つけたことが収穫となりました。

最終日は全員での応援となり、レースを見ていた選手達も多くの刺激を受けチーム全体の士気も高まりました。約3週間後には全日本大学駅伝予選会があります。残された時間を大切にし、チーム一丸となって勝負していき、3年連続本選出場を掴み取ります。

今回はお忙しい中、日産スタジアムまで応援に駆けつけて下さったOB・OG、保護者・学校関係者の皆様方には、この場をお借りしてお礼申し上げたいと思います。本当にありがとうございました。

今後とも応援よろしくお願い致します。

関東インカレ3日目 結果のお知らせ
[000010]
Date:2017 /05 /27 ( Sat )
27日(土)に行われました関東インカレ3日目の結果をお知らせ致します。
短距離種目
 種目   氏名   学年   タイム 
 男子2部 円盤投げ決勝  川田 壱成  4年  記録なし      
 男子2部 400mH予選  松野 良太朗  4年  54”97(6着)
 男子2部 200m予選  明石 凌輝  2年  22”11(6着)
 男子2部 4×400mR予選       明石、荒井 、松野、佐々木        3’19”67 (國學院歴代4位、5着)

以上の結果となります。

今日は短距離のみの出場となりました。予選落ちとなりましたが、今後の各種競技会で、個々が力を伸ばしていき、来年の関東インカレでは、これまで以上の結果を残していけるように取り組んでいきます。

明日は9:00から男子2部ハーフマラソン、15:00から男子2部5000m決勝、15:25から女子1部5000m決勝が行われます。

最後まで全力で戦いたいと思いますので、応援よろしくお願い致します。

| 次へ>> |
▲ページ上へ